ゴーストと半生の本 by Domtom

 

 

 

「それでは参りましょう、あなたが亡くなられた世界へ」――。

  

ジルとアシャンティは、死後の世界で、ゴーストの保護管理をしている二人組。

本来、禁止となっているゴーストたちの未練の解消を手伝い、その報酬としてあるものを受け取りたいというアシャンティ。

部下のジルは、それをたしなめながらも、現世への旅に共に付き合い、そこで行われる人間たちの饗宴を見つめていく。

 

人間とはなにか――生きている人間よりも人間らしい、愛らしいゴーストたちの喜劇。

 

 プロローグ

 第一章  第二章 

 幕間 

 第三章  第四章  第五章  第六章  第七章  第八章  第九章

 エピローグ

 

 SSメニューへ

inserted by FC2 system