思い込みと勘違い

 

 

【あらすじ】

 

ある冬の日の教室。

美魚はなぜか、井ノ原真人のことが気になってしょうがないでいた。

無理やり本に意識を注ごうとしても、どうしても彼の後ろ姿に目が行ってしまう。

なぜ? ――そんなの、美魚自身にもわかるはずがない。

あんな美しくないやつに、どうして美魚は心を惑わされるのか。

美魚ちんの悶々とした日々をお楽しみください。 

 

 

前編  中編  後編

 

 

一つ前のSSメニューに戻ります〜

inserted by FC2 system